皆さま

いつもありがとうございます 😀


最近ノミに刺されまくってる、

スタッフ小出です(笑)


どんなに刺されても、

痒いと思わない、

それが私の虫刺され対策です。


冗談ではなく、

ホントに、ホントに、

そうですから 😀


痒いと思わなければ、

痒くない♫



『え〜

ホントかよ〜

それがホントなら俺の父ちゃんハゲてないよ 😥 』


と思う方もいるでしょう。


でも、本当です☆


それは、

ノミが証明してくれてます。



少しノミのお話をさせていただくと、、、



ノミはね、

身体の大きさが2mmほどしかないのに、30cmもの高さをジャンプするんですよ 😀


体長の150倍。


でね、

このノミたちを高さ5cmくらいの小瓶に入れるんです。


その小瓶の中でノミたちは、瓶の蓋に頭をぶつけながらも、

5cmの高さをポンポン跳ぶです。


そして、ある時このノミたちを小瓶から開放するんです。


そしたら、このノミたちどうなったと思います?


そう、

そうなんです!


30cm跳べてたノミたちが、


たったの5cmしか跳べなくなってる。。。



これはね、

ノミたちに、

『ぼくたちは5cmしか跳べない』


っていう思い込みが出来てしまうから、

だと言われているんです 😀


思った通りの、現実になるわけです♫




これは、ノミだけでなく、

人にも言えることですね。


『私には無理だ、、、』

なんて思ったら、本当に無理になる。


『良くも悪くもこんなものだ』

なんて思ったら、こんなもんになる。



これ、SOS理論って言います。


S そう

O 思ったら

S そう!


ですね(笑)



嘘じゃないですから、ホントにそうだから!



よく考えてみてくださいな♫


誰にだってあった幼児の時期。


何度も何度もチャレンジして、

立って、

歩いて、

言葉を覚えて、


何度も何度も触って、

おもちゃの使い方を発見して、


そうやって成長していったはず。


ちっちゃな頃は不可能がなかった。



でもね、

どこかで壁にぶち当たるんです。


大きくなるにつれて、壁にぶち当たるんです。


『自分にはこれができない』


って。


昔は壁なんてなかったのに。


どんなことでも、

何度も何度もチャレンジしてできるようになったのに。


その壁、なんでできたの?


それはね、

私たち大人が、


『君にはまだ早い。できないよ。』


『そんなにやったら、身体壊すよ!』


そうやって、子供たちに言葉をかけたから。


限界を教えてしまったから。


だから、

できないことが増えていってしまうんです。


身体の弱い子も増えていくんです。



たった一つの言葉で、

たった一つの思い込みを作って、

人の可能性を縛っしまいます。



まさに呪いの言葉ですね 😥


ちっぽけな常識で『できない』って自分も他人も決めつけてはいけないですね。


言葉には気をつけましょうね 😀




この宇宙は広くて無限なんですよ☆


私たち人だって、可能性は無限大です。


どうせ思い込むんだったら、


私は、なんでもできる!

私は、いつも元気!


そう思ったらいい 😀


思った通りの人生になるから♫



ちなみに、

私は自分が風邪引くと思ってないから、

本当にここ数年間風邪引いたことがありません☆



ではでは、


今日も元気!

今日も楽しい♫

ありがとう☆


そう思って、心も身体も健やかに過ごしてくださいね。


思えば形になりますから。



本日も読んでいただいて、ありがとうございました!



※とはいえ、無理は禁物ですよ〜



編集 野村〜